カテゴリ:その他( 24 )
居酒屋ツヨネジ御礼
先週12/11(日)居酒屋ツヨネジ+落語(雲水師匠)+和カフェ(おもたせ菓子研究室)
イベント無事に終わりました。
お越しいただいた方、本当にありがとうございます。
楽しんでいただけてたらいいなあと祈るばかりです。

居酒屋ツヨネジ(ツジメシ4品+ヨネごはん4品)の献立

ツ1. 牛蒡と蓮根のすり流し、干し椎茸の手毬寿司
ヨ1. カブの柚子漬、カリカリじゃこのっけ
ツ2. 里芋と塩鯖のポテトサラダ、半熟カレーたまご
ヨ2.フルーツトマトの赤いカップサラダ
ツ3. ナンプラーせせりの焼鳥、そのせせりでつくね串
ヨ3.牡蠣の白胡麻油漬け、鯵の大葉パン粉焼き添え
ツ4. 漬け豚ヒレ低温煮のお茶漬け
ヨ4.いちごのバターケーキ生クリーム添え、柚子の氷菓
ツ追加. 葱味噌

ヨ1. カブの柚子漬、カリカリじゃこのっけ
カブを柚子と糸昆布で漬けて、太白ごま油でカリカリにしたじゃこと白胡麻をたっぷりのせました。
カブ漬けには、ちょっと贅沢に玉藻塩を使いました。
この玉藻塩、味に深みがあるので、冷奴とかちょっとしたものに
付けるとものすごく美味しいです。
胡麻は国産の白胡麻を炒りました。
国産の胡麻は輸入ものの5倍くらいして高いですけれど、味と香りが豊かなものが多く
一粒も残したくなくなるくらいです。

ヨ2.フルーツトマトの赤いカップサラダ
すべては美味しいフルーツトマトが入手できるかどうかにかかっている一品。
フルーツトマトは寒いこれからの季節が旬です。
スモークサーモンは成城石井の藻塩の。
作り方はこちら
クリスマスメニューとしてもおすすめです。

ヨ3.牡蠣の太白胡麻油漬け、鯵の大葉パン粉焼き添え
牡蠣をガーッと強火で炒っること十数分、水分を全て飛ばしきったところで、
生姜とにんにくの風味を移した太白胡麻油に漬け込みます。
たっぷりあった牡蠣がほんのちょびっとの量になるのはさみしいですが
そのぶんうまみがギュっと詰まっております。
鯵はほんのちょっとですみませーん(オーブン容量の都合上)。

ヨ4.いちごのバターケーキ生クリーム添え、柚子の氷菓
生のいちごを焼きこんだケーキが好きなので作りました。
バター不足なご時勢でバターの入手に苦心しました。
ブランデー風味の生クリームを添えて。
作り方はこちら
柚子の氷菓は、このごろよく作る、レモンとバジルの氷菓をアレンジして
はじめて柚子で作ってみたものです。
作り方はきわめて簡単で、柚子+柚子皮+牛乳+砂糖(果糖がおすすめ)を凍らせるだけです。

作るのにてんてこまいで写真は無いです。
味見したツジメシはそりゃあ美味しかったです。
うっかり全部食べれてないのがくやまれるー。

ご来場のみなさま、立川雲水師匠、おもたせ菓子研究室のCちゃん、落語と酒隊長のHさん、
会場の浅草橋天才算数塾さん、
そしてツジメシ辻村さんに感謝!
この日のツジメシ料理のいくつかは後日ツジメシにレシピが載るかもだそうです。
[PR]
by yonetani100 | 2011-12-17 11:11 | その他
お知らせ:12/11(日)居酒屋ツヨネジ(ツジメシ+ヨネごはん)
久々の更新はイベントのお知らせです。



12/11(日)和カフェ+落語会+一日居酒屋 をします。
ご都合よろしければ是非お越しください。

わたしは居酒屋タイムにごはんを作ります。
人気のツジメシさんと二枚看板です。

ゲストに大好きな「おもたせ菓子研究室」の和カフェと、
関東上方お笑いの星、立川雲水師匠をお迎えして落語会もします。
てんこもりです!
私は仕込みで噺を聞けないのが残念でたまりません。
落語初心者さんや、上方お笑い聞いたことない方もぜひー。

席数が限られているので満員になった場合はすみません。
※居酒屋は満席になりました。

────────────────────────────────

おもたせ菓子研究室和カフェ+立川雲水落語会+居酒屋ツヨネジ(ツジメシ+ヨネごはん)

「浅草橋天才算数塾」の会場をお借りして、一日だけの、
和カフェ+落語会+居酒屋をします。

浅草橋天才算数塾

JR総武線「浅草橋」駅西口、地下鉄浅草線「浅草橋」より徒歩5分
〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-5-8
ふだんはインド式算数の塾?なのかな?

■日時:2012年12月11日(日)
1. 14:30-16:00 和カフェ 15:30までにご来場下さい
2. 16:00-17:00 落語会 16時開演
3-1. 17:30-19:30 居酒屋ツヨネジ 第1部 満席御礼
3-2. 20:30-22:30 居酒屋ツヨネジ 第2部 満席御礼

■料金
1. 和カフェ 和菓子とお茶セット 1000円 定員30名
2. 落語会:木戸銭 2000円 定員30名
3. 居酒屋:食事代 2500円 定員各回14名
└飲み物代は別です。ワンドリンク以上ご注文ください。

■お申込み方法
予約制です。
和カフェ、落語、居酒屋それぞれでお申込みいただけます。
ご予約が定員に満たなかった場合のみ当日参加を受付けます。
代金は当日会場にてお支払いください。
下記アドレスまでメールにてお申込みください。
tsuyoneji<アットマーク>yahoo.co.jp

お申込みいただいてから24時間以内に予約確認メールを返送致します。
満席となり次第締め切らせていただきます。
※居酒屋ツヨネジ 第1部は、「落語+居酒屋」を
セットで、お申込みいただける方を優先的に承ります。
※席数が限られているため予約制とさせていただきます、準備の関係上、
キャンセルは極力控えていただきますようお願い申し上げます。

------------------------ 申込メール ------------------------

▼メールタイトル: 1211申込

▼本文
下記を明記してください
・お名前:
・予約人数(4名まで):
・メールアドレス:
・携帯電話番号:
-----以下は参加する項目のみ残してあとは削除してください-----
・予約項目
1. 14:30-16:00 和カフェ 15:30までにご来場下さい 1000円
└ 生菓子「おみかんもち」お持ち帰り 250円× 個数
2. 16:00-17:00 落語会 16時開演 2000円
3-1. 17:30-19:30 居酒屋 第1部 2500円 満席御礼
3-2. 20:30-22:30 居酒屋 第2部 2500円 満席御礼

----------------------------------------------------------------

●和カフェ by おもたせ菓子研究室
わたし(ヨネ)が、大好きなおもたせ菓子研究室さんの和カフェです!嬉しい!
・季節の生菓子「おみかんもち」
・小さいおせんべい「ばりぼりさん」
・とれたて果実をギュっとじこめた和の「ぜりぃ」2個(お持ち帰り可)
・お菓子に合う美味しいお茶
のセットで1000円です。落語の前にぜひご堪能ください。
おもたせ菓子研究室: http://omotase3.blog50.fc2.com/
「おみかんもち」
「ぜりぃ」
※「おみかんもち」は別途お持ち帰り購入のご予約も承ります。
「ぜりぃ」「ばりぼりさん」も販売予定です。

●落語会 16:00~17:00 立川雲水 「鴻池の犬」、他一席(計二席)
立川流真打「立川雲水」師匠をお迎えして落語会をします。
雲水師匠は東京在住でいらっしゃいますが上方落語の噺家さんです。
キレよくお茶目な噺を乞うご期待!おもろいでっせ!
落語初心者さんから、よく聞く方まで、
ぜひともお運びいただきたくお待ちしています。
↓二つ目「志雲」時代のインタビュー記事
http://www.chefneko.com/shiunn1.html

●居酒屋ツヨネジ(ツジメシ+ヨネごはん)
お酒に合いそうな小料理を、ツジメシ(辻村哲也)とヨネごはん(米谷マリ絵)
からそれぞれ4品ずつ、計8品お出しします。
酒部副部長セレクトの美味しい日本酒も数種ご用意する予定です。
(17:30の回の方は、19:30以降は土間の立ち飲みスペース、
または2階畳の間でまったり居残りも可能です。
その間簡単な肴はお出しできますが多少お待ちいただくかもしれません)
飲み物はビール、日本酒、焼酎、梅酒、ソフトドリンクなど。
こちらはキャッシュオンでお願いします。
飲みもの係として、算数塾ぷりぷりさんもいらっしゃいますよ。

ツジメシ(辻村哲也)
http://tsujimeshi.exblog.jp/
プロダクトデザイナー、ときどき料理人。
デザインしたり料理したり飲んだり呑まれたり。

ヨネごはん(米谷マリ絵)
http://yonegohan.exblog.jp/
米のごはんに米の酒。
に合うようなごはんと甘い物を作ります。


お問い合わせ先
tsuyoneji<アットマーク>yahoo.co.jp
[PR]
by yonetani100 | 2011-12-04 01:11 | その他
パン教室に行ってきました
c0004484_13564236.jpg


先の土曜日にパン教室でパンの作り方を習ってきました。
人生初の料理教室参加です。

パンはなんとなく向いてないかなーと思って、ちゃんと取り組んだことがなかったのですが、
このところ気が向いて本などを参考に何度か焼いてみていました。
しかしながらなかなか美味しく焼けず、そのたびに
あんまり美味しくないパンを数日食べ続けることになっていたので、
このまま試行錯誤するよりちゃんと教えてもらおうと思ったのです。

私は大変面倒くさがり屋なので、パンをこねるのに、
こね板を出したりするのが億劫で、どうにかボウル1つだけでできないかなあと
思って検索したところ、まさにぴったりなお教室がありました。

片山智香子先生「ボウル一個で作るパン教室 ケセラセラ」

3人の少人数レッスン、コースではなく単発レッスン、なところも魅力です。
生徒さんには主婦の方が多いようでレッスン日は平日が主ですが、
月に二度ほどの土曜日レッスン枠に空きがあるのを拝見し、
これは幸運!と直前に申し込んでお伺いしてきた次第です。
その日は夕方から用事があり、レッスン終了時間と重なりそうだったので
申し込みにあたって、ご相談したところ、快く了承していただき、
かつ焼き上がりが間に合うよ若干調整してくださるという心遣いをしてくださいました。

そしてパン。ふっくら見事に美味しく焼きあがり感激しました。
作り方もとてもわかりやすく、今まで思ってたのよりもややこしくなく、
いろいろなコツも教えていただいて、ぜひこれからちょくちょく
家でパンをぜひ焼こう!という気持ちになり、パンの未来が開けました。
早く復習したい気持ちでいっぱいです。

全工程がほんとうにボウル1つで完了するのも素晴らしいです。
使う道具も汚れる範囲も少ないので、
パン作りのハードルがぐっと低く感じます。

こちらのお教室はお子さん連れでもOKということなので、
小さいお子さんがいらっしゃるお母さんにも是非おすすめです。
片山先生はカラっと朗らかでテキパキされていて、
生徒一人ひとりにそれとなくいろいろ話かけてくださるので
場の雰囲気が弾んで、初対面の生徒さん同士でも和やかな談笑に満ちたレッスンとなり、
私は試食タイム前にバタバタ失礼させていただいたのですが去るのが名残惜しかったです。
リピート率が高いというのも納得。

c0004484_13571531.jpg 二次醗酵が終わったところ。
たぶん手前が私の。
奥が先生の。
先生のパンはふくらみ方がひときわ大きく、さすがです。
[PR]
by yonetani100 | 2010-12-20 23:58 | その他
Twitter
Twitter という、一言つぶやくところで、時々つぶやいています。

http://twitter.com/marie_y
[PR]
by yonetani100 | 2010-02-04 23:48 | その他
別府マナブレッドのパン
先週金曜日、パンが届きました。
箱を開けたらふわっといいにおいが広がって思わず深呼吸しました。
別府のパン屋さん「マナブレッド」のパンです。
美味しいから!とマナブレッドのお手伝いしている友人Gちゃんがプレゼントしてくれたのです。

c0004484_1413236.jpg


このパン屋さん、昨年11月にオープンしたばかりとのこと。
あんパン、メロンパン、クリームパンなどの菓子パンに、
チーズパン、ドライトマトパンの味つけパン、
それからフランスパン系っていうのか、カンパーニュや、ドライフルーツやナッツ入りのパン。
届いた職場で切り分けて、少しずつおすそ分けしたりしながら、
全種口にしましたが、どれもこれも美味しかったです。
カスタードクリームにはバニラビーンズがふんだんに入っていて
食べるとにんまりしてしまいました。
なんというか、どのパンも、素朴系のカンパーニュですらも、とても「やさしい」味がしました。
会ったことはないですが、作ってる人は無茶苦茶いい人に違いないです。
大分から送ってもらうのに中1日たっているのですが、どれもこれも
たいへん美味しく、風味豊かで、こりゃあ元のパン力(ぢから)がよっぽど
すごいんだなあと思いました。
いつか別府に行ってマナブレッドで焼き立てパンをワフワフ買ってほおばりたいです。

↓マナブレッド詳細

More
[PR]
by yonetani100 | 2010-01-18 13:59 | その他
梅雨の洗濯 部屋干し対策
c0004484_15172095.jpg
ごはんの話ではなく洗濯のこと。
梅雨時のお洗濯、乾燥機などはないので、部屋干しします。
洗濯は朝。そう広くない部屋の鴨居などに洗濯物をひっかけて干し、出かけるのですが、
当然乾きが悪く、どうかすると妙なにおいがすることも稀にありました。
そこで、ここ数年、梅雨時に限らず雨の日室内干しの際、
活躍しているのがエッセンシャルオイルです。
雑菌繁殖を抑えるといわれているティートゥリーもしくはユーカリを、
最後のすすぎで洗濯機が回っている時に、数滴落とします。
洗濯物を干す時にはスースーした香りがしますが、乾いてしまうとほとんど香りません。
好きな香りなので残ってもいいのになと思いますが残りません。
これを実践しだして、いわゆる室内干臭っていうのは改善された気がします。
ついでに、この2つの精油、冬の間は、気化式加湿器(ボネコ)の水に垂らすと
水が悪くなりにくいので重宝します。
[PR]
by yonetani100 | 2009-07-10 15:40 | その他
検索窓つけました
温泉卵を作ろうと思って、久々だったので
水5C沸騰させた後、加える冷水は1Cだったと思うけど確信がなく
過去に書いたのを検索しようと思ったらまだblog内検索窓をつけていなかったのでつけてみました。
右のかなり下のほうにあります。
加える水の量はやっぱり1Cで正解でした。
今日の温泉卵は上出来でしした。ドライカレーに落として食べました。
[PR]
by yonetani100 | 2009-06-05 15:03 | その他
回文blog
ごはんの話ではないのですが。
ひっそり回文を作っていて、回文blogを時々更新しています。

鹿野カシコ 回文

作風がわりと暗黒です。
たとえば。

----------------------------------------------------------

団体悪魔来るわ
椿、月下に薫る丘に
活劇ばつ悪く幕開いたんだ

ダンタイアクマクルワツバキゲツカニカオルオカニカツゲキバツワルクマクアイタンダ

----------------------------------------------------------

好きな回文はこちらにまとめています。
[PR]
by yonetani100 | 2009-05-11 20:25 | その他
青森りんご「千秋」「弘前ふじ」
c0004484_2093245.jpg通販で買ったりんごが届きました。
青森のりんご。
手前というか右二列が「弘前ふじ」、左二列が「千秋」。

りんごが好きで好きで。
果物はメロン以外たいてい好きですが、一番好きなのはりんご。
いちご、マンゴー、桃、ぶどうなどのほうがワーイ度は高いけれども、
毎日食べても食べあきないのはりんごです。
生はもちろん煮ても焼いてもたまりません。
好きなのは酸味があってパリン系。
数年前からあっちこっちで通販購入しますが、今回は津軽あづましりんご園で買ってみました。
減農薬・無化学肥料栽培だそうです。
「千秋」と「弘前ふじ」の二種詰めあわせでそれぞれ10個づつ計20個。
本日職場で受け取り早速むいて食べたり配ったりしました。
千秋はおなじみの味で、パリンとさわやか。
弘前ふじは、初めて食べましたが、千秋と比べると酸味が少ない分甘く
実は少しやわらかいです。
どちらもおいしいですがやはり千秋が好きです。
ついでに冷蔵庫においていた紅玉も食べましたがこれは上の二つと
比べ物にならないくらすっぱい。すっぱくておいしい。
2種食べ比べセットを同僚の方々に配ったところ、
すっぱいものが苦手な両Tさんいわく、すっぱさ的に
弘前ふじはなんとかギリギリOK、
千秋はありえないすっぱさ!と眉間にしわをよせていました。
彼女たちには紅玉なんてもってのほかにちがいないです。
人の食の好みというのはおもしろい。

c0004484_21232050.jpgc0004484_21233396.jpgりんごの下の部分が凸凹になってることを王冠と言うのだそうです。

王冠がはっきりしてるほうが千秋(左)、つるっと丸いおしりが弘前ふじ(右)。
弘前ふじってなんだ?と調べたら、ふじの「枝変わり」品種だそうで、
枝変わりってなんだ?と調べたら、新しい枝の先で変異がおきて
変わった花とか実とかついたのを、お!と挿し木や接ぎ木で増やした、ものらしいです。
[PR]
by yonetani100 | 2007-11-02 21:30 | その他
台湾烏龍茶の茶殻つくだ煮
c0004484_1423317.jpgc0004484_14231771.jpg
烏龍茶茶殻のつくだ煮。左が凍頂烏龍茶、右が阿里山高山茶。
茶杯は適切なのを買えてなくて、会社の備品(モモと生茶パンダのコラボ湯のみ)を借用中。

中国茶、とくに台湾のお茶が好きです。
今年は、2月と10月の2回、台北に行ってきました。
あちらに行くとお茶屋さんめぐりが楽しくて仕方ありません。
どんどん試飲をしてどんどん買ってしまいます。
2月に行ったときは1.2kg、10月は2kg以上の茶葉を、はっと気づくと買ってしまっていました。
その他にも台北行く前に国内で買った分のストックがあるので今、中国茶葉が4kgちかく…
それが全て一人暮らしの自分個人用なので、どう考えてもおかしな量です。
これまで結構いいお茶は、やはり自宅でちゃんと茶壷(あの中国茶用の小さい急須)で
淹れて飲みたいな、なんて思いながら、家でそんな時間がそうそう取れないのでなかなか減らず、
一方、職場ではそこそこのお茶を、この茶漉し付きマグカップで飲んでいました。
が、10月の旅行から帰ってきて、このままだと宝の持ちぐされになってしまう、
それに新茶のシーズン(次の冬と春)がきたら新茶が買いたくなるに違いないのに
こんなにストックかかえていては買えない、ということで、
ステキ茶葉でも、ガブガブ会社飲みをすることにして、
阿里山でも杉林渓でも梨山でも惜しげなくガブガブ飲んでいます。
そこで大活躍中なのが、ピャオイーポットとよばれる、万能ティーサーバー(右の写真)。
これは2月に台北に行ったとき買ってきていたものの、ずっと使わずにいたのですが、
中国茶博士みたいなBさんに、職場なら、マグカップよりこのポットで飲んだほうが
ずっといいよとアドバイスをいただいて使ってみたら、簡単便利で、確かにずっとずっと美味しい。
仕事で一息つくときに、お茶の美味しさと香りでぽわわーとうっとりしています。
このポット、お湯をそそぐと上半分・内側の部分にたまり、フタのところについているポッチを押すと、
下のポットにお湯が落ちる仕組みです。
透明なので、茶葉が紅茶でいうところのジャンピングする様子や
茶葉が開いていく様子なども見ることができるのでおもしろい。
職場にずっといる日は、だいたい一日2種類の茶葉を飲みます。
くだんのポットに、種類にもよりますが5-10gくらいの茶葉を入れ、5~8煎くらい楽しみます。
そうすると結構な量の茶殻が出るのですが、いいお茶の茶殻は捨てるのがもったいない、
と思いつつも今まで不精して大部分ポイしてきました(一部はそのまま食べていた)。
茶博士Bさんが、茶殻はつくだ煮に、とおっしゃっていたので、昨日はじめて作ってみました。
つくだ煮といいっても味は薄めに。
そうしたら美味しい。少なくとも私にはとても美味しい。
凍頂のつくだ煮は昨日食べてしまい、阿里山のほうは今日の自分お弁当用に持ってきました。
この凍頂は上記Bさんから分けていただいたとても美味しいお茶で、
茎がほとんど入っておらず入っていても若いのかやわらかいのでそのまま、
阿里山のほうは茎を取り除いてから作りました。
たぶんですが、これ茶葉ならなんでもいいわけじゃなくて、
茶殻そのままを食べてみて、いやじゃないな、いけるなと思う味と歯ごたえの茶葉じゃないと
おいしくないんじゃないかとおもいます。
このいけるなという茶殻というのは、ビロードみたいにしっとりしていて、やわらかです。
なので今のところ、ごわごわしてる茶殻はやはり捨ててしまっています。
今後もどんどん作ります。
[PR]
by yonetani100 | 2007-10-29 15:03 | その他



ごはん日記。会社勤めですが料理好きが高じて一時期は社内お弁当やさんをしていました。一人暮らしの自分ごはん、お酒に合う料理、ワイワイ宴会ごはん。ときどきケータリングのまねごとをすることも。
by yonetani100
カテゴリ
全体
パーティー料理
和ごはん
洋ごはん
中ごはん
?ごはん
調味料・食材
調理器具
ごはん話
レシピ
その他
外ごはん
あまいもの
お酒
お茶
イベント
タグ
(10)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク

鹿野カシコ
↑回文つくってます
「やさい暮らし」
↑ヨネレシピのってます
COOKPADヨネレシピ
↑ヨネレシピ10点ほど
ツジメシ
↑料理互助同盟締結先
ヨネごはんBBS(~04/12/13)


お気に入りブログ
迷わず並べよ 食べればわ...
chihosh blog
みやもと山の文ちゃんです
こなみのおいしいキッチン
para sempre
Ex Spain Foo...
甘塩酸苦 + 旨
chululu's note
プランタゴな毎日 pla...
鹿 野 カ シ コ
裏番茶の独り言
とある やおやの おべん...
Gofukumachi ...
検索
以前の記事
2014年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧