カテゴリ:和ごはん( 242 )
めはり寿司
c0004484_15181561.jpg


Hさんちの宴会におよばれしたので、めはり寿司を作りました。
めはり寿司は熊野~吉野あたりの郷土料理で、
おにぎりを高菜漬でくるんだものです。
高菜の軸のところをきざんでおかかと和えたものを具にしています。
お米を6合炊いて、28個のめはり寿司ができました。
作り方
[PR]
by yonetani100 | 2011-01-14 00:48 | 和ごはん
10/12/10金 鯖弁(500円/3名様)
c0004484_13465950.jpg・焼き鯖
・鶏と野菜の甘酢炒め
(鶏もも肉、茄子、赤とオレンジピーマン、
玉ネギ、スナップエンドウ)
・かぼちゃ煮
・りんご
鯖は生協の冷凍ですけど長崎県五島の天日干し鯖です。
五島列島の一番大きな福江島に一度行ったことがありますが、
日本国内旅行先の好き好きベスト5に入る素敵な場所でした。
そう大きくない島は美しい海に囲まれ、海岸は場所によって
エメラルドグリーンのトロピカルビーチだったり、静かな入江だったり、
そびえ立つ黒い断崖に荒波ザップーンだったりと表情豊かで、
温泉もあり、魚介類をはじめとする食べ物がそれは美味しい場所でした。
遭遇できなかったけど野性の鹿もいるそうです。
いつか再訪したいなあ、と五島の鯖を食べながら。
[PR]
by yonetani100 | 2010-12-10 13:57 | 和ごはん
10/12/8水 かしわごはん弁当(500円/3名様)
c0004484_13573843.jpg・かしわご飯
(米、鶏肉、ごぼう、人参)
・白菜しめじ厚揚げのおかか煮
・さつまいものゴマバター
生協インスタントのお味噌汁と、りんごが付きます。

福岡あたりでは鶏肉のことを「かしわ」といい、
かしわご飯とは鶏肉入り炊き込みごはんのことです。
とてもポピュラーで、うどん屋さんのサイドメニューには
三角の「かしわのおにぎり」と三角のおいなりさんが必ずあります。
それはさておき今日のかしわご飯はなんとなく味に深みが無い気がします、すみません。
白菜は芯に近いところなので色が黄色いです。
(一人暮らしですが白菜は必ず1玉で買います、そのほうが日持ちするから)
さつまいもはデザートあつかいです。
写真茶色いっ。

厚揚げは「トーフのねぎし」さんのおためしセットに入ってたものです。
昨日届いてお豆腐やゆばをワクワク食べます。

あ、ツジメシ会の日のメニューが更新されてます。
写真見てツジムラさんリーゼント!?と思いましたが
そうじゃなくてハンチング帽をかぶってらっしゃいます。
[PR]
by yonetani100 | 2010-12-08 13:54 | 和ごはん
10/12/6月 鶏じゃが弁(500円/3名様)
c0004484_13333055.jpg・鶏じゃが
・ブロッコリーの玉子炒め
・りんご
※インスタントのお味噌汁(生協)付き

シンシアというじゃがいもを初めて使ってみました。
メークインよりもさらにねちっとしていて密度が高く
包丁で切ったとき刃にピタっとくっついてなかなか離れないようなおいもです。
けっこう煮たのですがほんとうに全然煮くずれしませんでした。
その分味のしみ込みがいまひとつだったのでもう少し小さく切るか
もっとじっくり煮るかしたほうがよかったなと思いましたがすみません。
お弁当一つずつの詰めるときに鶏肉少な目、人参少な目、と
皆さまの好き嫌いに対応しています。
人参キライさんは本当は1片も食べたくないっぽいですが
「試練」です、と1つだけ入れました。
[PR]
by yonetani100 | 2010-12-06 13:40 | 和ごはん
10/12/1水 ジミ弁(500円/4名様)
c0004484_14231964.jpg・焼き紅鮭、焼きいんげん
・さつま揚げしめじ白菜のおかか煮
・ごぼうの生姜味噌炒め煮
※インスタントのお味噌汁がつきます

ジミ弁です。
お子様用のだけ焼き鮭をほぐしゴマとごはんにまぜたおにぎりにしました。
ごぼうはお子様向けに蜂蜜で甘めの味付けです。
お持ち帰り用の1名様分は使い捨ての容器でお届けします。
[PR]
by yonetani100 | 2010-12-01 14:27 | 和ごはん
ぬか漬け1年生
c0004484_22371444.jpg


お土産に水茄子の糠漬けをいただいたのが昨年の夏のこと。
水茄子というのは大きくてコロンと丸く生でそのまま食べちゃえる
みずみずしいほんのり甘みもある茄子です。
こんな洒落た茄子のことを知ったのは10年くらい前。大阪泉州の名物だそうです。
いただいたお漬物は水茄子のまわりを糠でおおったままの商品で、つまり「糠漬かり中」であり
「○日が食べごろ」ともらった翌日の日付が書いてありました。
でも辛抱たまらず食べごろの前日につい食べてしまい、浅漬けでしたが大変美味しかったです。
どこのお漬物かメーカーは忘れてしまったのですが、
アミノ酸とか保存料とかは使っていないちゃんとした生粋の糠漬けでした。
その水茄子を覆っていたほんの一握りの糠を捨てるのがもったいなくて、
ラップに薄く延ばしてキュウリを包んで漬けてみたのが、私の初めての糠漬けでした。
一日後に食べてみたら大変美味しかったので、これはいい!ともう一度キュウリを
漬けたりしているうちにキュウリの水分が出てきて糠がゆるくなってきました。
そこで糠をジップロックコンテナー角型中に移し、手元にあった
「乾燥おから」をまぜてちょうどいい固さにしました。
このときは糠を自分で買うほど本気で糠漬けを始める気ではなかったのと、
たしか糠漬ならぬ「おから漬」っていうのがあるというのを以前耳にしたことがあったし、
乾燥おからと糠はまあちょっと似てるからまあいいか、と思ったからでした。
でも、1週間後くらいにやっぱりちゃんとした炒り糠を買ってきて
ジップロックコンテナーの糠床に少しずつ足し糠をしていきました。
初めての糠漬けは大変楽しく、あまり好きではない人参も
糠漬けにすると美味しく食べられて、もう野菜料理なんて
全部糠漬でいいんじゃないかと思ったりしました。
そんなこんなんで、糠漬けがいよいよ楽しくなり、日々のごはんの中に欠かせなく
なってきたので、容器をちゃんとしようと、
糠漬け界で有名な野田琺瑯の琺瑯容器を買いました。
王道っぽい「ぬか漬け美人」に惹かれましたが、冷蔵庫の棚に入るサイズがいいなと思ったので見送り、
それよりやや浅い「レクタングル深型 WRF-L」を買いました。
まぜるにも漬けるにも、ぬか漬け美人くらいの深さがあったほうが便利だろうなとは思いますが、
このくらいの深さでもなんとかなっています。

秋くらいまでずっと冷蔵庫で漬け、冬になってから今もまだ室温に置いています。
私は糠の表面にラップをかけてからシールふたをしています。
糠は毎日混ぜなきゃと言われてますが、数日ほったらかしていてもぜんぜん大丈夫です。
あんまりほおっておくと多少機嫌が悪くなるときもありますが、
ごめんごめんと言いながら、まぜたり足し糠したりなんたりすると風味がもどってきます。
旅行時も冷蔵庫で10日間ほったらかしていても糠床はぜんぜん大丈夫でした。
でも万が一ダメにしてしまった時の保険に、と調子がいい時の糠をひとつかみラップにつつみ、
ビニル袋に入れたものを冷凍庫で保管しています。

発酵食品好きなので、糠漬けは前々から興味があったものの、
・糠床の管理が面倒そう(たいへんな面倒くさがり)
・「何かをダメにしてしまった時のダメージ」に弱いので糠床をダメにしてしまったらどうしよう懸念
・糠漬けがそこまで好きじゃなかった
・におう?
などの理由で、踏み出せなかったのですが、
いただいたお土産をきっかけになんとなく自然に始め、そのまま糠漬けライフが続いています。

こんなにいいならもっと早くから糠漬け始めとけばよかった?!
とちらっと思いましたが、でも始めたタイミングが自分にとってしっくりきてたから
続いているのかもしれません。
なんと言いますか、生活の中に糠漬けが定着してもいいような(人生中の)時期で
心持ちも「糠漬カモン!」的な土壌があったような気がします。

自分で作った愛着のせいかもしれませんが、糠漬けが大好きになり、
糠床のにおいもかぐわしく感じます。
まだ野菜しか漬けたことがないので、そのうち魚の糠漬けとか
糠で何かを煮る料理!?にも挑戦したいものだと思ってます。

c0004484_22373547.jpg足し糠には
←この国城産業の炒りぬかを使っています。
パッケージがレトロにかわいくてジャケ買いしたのですが、
炒りぬかの元祖なんだとか。
[PR]
by yonetani100 | 2010-04-05 22:41 | 和ごはん
おでん三昧
おでんが好きです。

c0004484_20532578.jpg


大きな鍋にどーんとそれはそれはたくさん作り、数週間食べ続けます。
ひと冬ずーっとおでんでもいいくらいです。
おでんがあると、家に帰りながら「ああ、おでんが私を待ってる」と、
しみじみあたたかい気持になります。

ウチのおでんは、手羽先おでんです。
実家の母が作るおでんには必ず手羽先が入っていました。
私が作るおでんはそれよりさらに手羽先がたくさんたくさん入ります。
だって手羽先が好きだから。
長じてから、手羽先はおでんの具としてポピュラーではないらしいと知ったときは驚愕し、
おでん屋さんで「手羽先がないなんて!」と悲嘆にくれたものでした。

手羽先おでんは、出汁にかつお節は使わず、昆布と手羽先のみ、
そして日本酒をたっぷりめに入れます。

好きなおでん具ベスト6は、手羽先、ゆで玉子、大根、厚揚げ、こんにゃく、里芋です。
ベスト「6」という中途半端な数は、5つにしぼれなかったから。
里芋が入るのも母の教えですが、わりとめずらしいのでしょうか。
「ちくわぶ(写真左下)」は大人になり東京に来て初めて知りました。
「がんも」同様、福岡では見かけなかった食材です。
最初はなんだこりゃと思いましたが、今ではちくわぶもなかなか好きで必ず入れます。

いったんさぼりだすと滞りがちなblogですが、
(というのもおでんばかり食べていた)
近々「手羽先おでん」の作り方を書くぞ!(自分を鼓舞している)。
[PR]
by yonetani100 | 2010-03-11 20:48 | 和ごはん
レディサラダのなます柚子風味
柚子で小さいおかず。
皮が赤い大根でなます。柚子をたっぷりきかせました。

c0004484_21451443.jpg


レディサラダという皮が鮮やかな赤の生食向き大根を皮ごと
薄く輪切りにして千切りにし、塩をふってしんなりさせしぼり、
蜂蜜少しに、たっぷりの柚子のしぼり汁、少しの米酢、塩、薄口しょうゆを混ぜた甘酢で和え、
煎った白ゴマをまぜ、柚子の皮の千切りを散らしました。

レディってLADYかなと思ってましたがRED=赤に由来するのかな?
三浦大根と外国の大根とをかけあわせたものらしいです。

皮の赤と中身の白のコントラストが鮮やかでおめでたいなますです。
人参を入れたものよりビビッドな紅白なます。
作った翌日は皮の赤がにじんできてぼかしがはいったようになり、
作りたてとはまたちがった風情になりました。
 
[PR]
by yonetani100 | 2010-01-25 21:44 | 和ごはん
オクラの花
c0004484_15275970.jpg


昨日の答えは「オクラ」の花。

実がそうであるように、花もねばねばしています。ねばねばー。

生のまま、醤油、間引きみかん(酸味がある)、鰹節をかけて頂きました。

味はたんぱくな「花」で特に香りもありません。
ねばねば感と、風流さを味わったというところでしょうか。

ヘタをはずすと、花の根元にオクラの小さいのが1cmくらいできかけているものもあり、
かじるとオクラの味がしました。

そもそもは、 sayf-n さんが「オクラの花が食べたい」と言っているのを読んで、
興味をそそられ、近くに知人のオクラ畑があるというMさんに聞いてみたところ、
農家さんから「オクラ狩り」の形で譲ってもらえましたと畑から摘んできてくれました。

本当は、sayf-n さんにおわけしたかったのですが、
オクラの花は日持ちがしないようで、色が変わってくったりしてきたので
お渡しするに至らず食べてしまったのでした。

世の中には、花を食べる用の花オクラというものも存在するようですが、
これはふつうのオクラの花です。
花オクラはふつうのオクラよりも花が大輪なのだとか。
[PR]
by yonetani100 | 2009-09-08 15:13 | 和ごはん
4/7(火)ブリの煮付定食(1名様)
c0004484_16174544.jpg・ブリの煮付け(天然ブリ、酒、みりん、ショウガ、醤油)
・かき菜と焼き椎茸のカラシ和え(かき菜、椎茸、和辛子、醤油、八方だし)
・鶏手羽中とレンコンの腐乳煮
(手羽中、レンコン、ゴマ油、腐乳、ピーシェン豆板醤、紹興酒、醤油、
みりん、黒酢、塩、コショウ、にんにく、ショウガ)
・白飯

毎週火曜日だけは同僚Tさんと外ランチをしているのですが、
今ウチの冷蔵庫が、先日の宴会のなごりで、
外食してる隙がない程に食材と料理でいっぱいなので、
昨日、Tさんにかくかくしかじかなのでとランチキャンセルをお願いし
そしてしかしTさんの分も作ってくるから!ということで久々にお弁当屋のようなことをしました。
Tさんは、いつもいつもあんなこんなおやつを買ってきてはふるまってくれるので、
今日のお代はいただきません。
ブリは照り焼き風にする予定が、はっと気づくと煮付けになってました。
魚の煮付け、私は日本酒とショウガをたっぷり入れます。ショウガは食べます。
鶏とレンコンは宴会の時に作った残りです。
[PR]
by yonetani100 | 2009-04-07 16:17 | 和ごはん



ごはん日記。会社勤めですが料理好きが高じて一時期は社内お弁当やさんをしていました。一人暮らしの自分ごはん、お酒に合う料理、ワイワイ宴会ごはん。ときどきケータリングのまねごとをすることも。
by yonetani100
カテゴリ
全体
パーティー料理
和ごはん
洋ごはん
中ごはん
?ごはん
調味料・食材
調理器具
ごはん話
レシピ
その他
外ごはん
あまいもの
お酒
お茶
イベント
タグ
(10)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク

鹿野カシコ
↑回文つくってます
「やさい暮らし」
↑ヨネレシピのってます
COOKPADヨネレシピ
↑ヨネレシピ10点ほど
ツジメシ
↑料理互助同盟締結先
ヨネごはんBBS(~04/12/13)


お気に入りブログ
迷わず並べよ 食べればわ...
chihosh blog
みやもと山の文ちゃんです
こなみのおいしいキッチン
para sempre
Ex Spain Foo...
甘塩酸苦 + 旨
chululu's note
プランタゴな毎日 pla...
鹿 野 カ シ コ
裏番茶の独り言
とある やおやの おべん...
Gofukumachi ...
検索
以前の記事
2014年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧