カテゴリ:調理器具( 5 )
好きな包丁だと「切る」が楽しい
c0004484_2141176.jpg
c0004484_21412744.jpg


春にぺティナイフを買いました。
合羽橋の釜浅商店で。
ここは、背の高く太くて四角いぐるぐる回るポールにたくさんの種類の包丁が
磁石でペタペタくっつくかたちで陳列してあります。
安いサングラスのグルグルとか、三文判のグルグルとかの
大きいバージョンを想像してください。
そして、いずれかの包丁を手にとる度に、店のおじさんが、
「それはねー、モリブデン鋼の□層構造で、まあ家庭用としては最上級だね」
などと解説をしてくれます。
ふだん一番よく使っている牛刃は、やはり以前この店で買ったものです。
このところ、切れるぺティナイフが欲しいなあと思っていて、
この店を訪れ、さんざん迷ったあげく、牛刃と同じメーカーのものにしました。
なぜなら持ってる牛刃が好きだからです。
波紋の模様や持った感じ、
刃から柄にかけて厚みが太くなる金属部分の曲線、
もちろん切れ味も。
一緒に行った二人の友人も、あれこれ試して、
結局この牛刃を買ってました。三人でお揃いです。

この日、母への贈物用に三徳包丁も買いました。
これも私のとお揃いにしようかなと思ったのですが、
母が使い慣れている形の三徳包丁だと、牛刃より刃の幅が太い分
ほんのちょっと重い気がしたので、同じくらいの品質で
やや軽いものを選びました。

手にしっくりくる気に入った包丁で、ちゃんと研いだものを手にすると
「切る」ことが楽しくなります。
その結果料理が楽しくなります。
また包丁を大事にしようという気持ちになるので、
刃こぼれしないように丁寧に扱うし、こまめに水気を拭いて収納する癖がつきます。
研ぐのは上手ではありませんが、月に一度ほど砥石で研ぎます。
切れなくなる前に研ぐというのがコツだそうです。

c0004484_21414495.jpgその場で名前を入れてもらいました。



おじさんに「では、これを」とお願いすると、
同じ種類の包丁を5箱くらい持ってきて、箱をポンポンポンと全部開け、
「手作りだから、全部ちょっとづつ違うから、持ってみてしっくりくるの選んで」と。
そう言われてあれこれ持ってみると違うような違わないような気がしますが、
これだ!と思ったことにして選ぶ。そんなやりとりが、楽しいです。
[PR]
by yonetani100 | 2009-05-08 21:58 | 調理器具
調理器具:アルコロックのサラダボウル
c0004484_1415618.jpgc0004484_1414773.jpgアルコロック(ARCOROC)の強化ガラス製ボウルは一人暮らしをはじめて最初に買った調理道具のうちのひとつです。重ねられて便利で丈夫だし、そのまま食器として使ってもOKなデザインなので重宝しています。
ボダムのボウルを買ってからは、ボダムボウルの使用頻度のほうが高くなったのですが、
電子レンジにかけるとき(耐熱ガラスではないが割れたことはない)や、色やニオイの強い調味料をつかったあわせ調味料をまぜるときなんかは主にこのアルコロックを使います。
ボウルは、他にデュラレックス耐熱ガラスのを大中小持っていてケーキを作るときなんかは
デュラレックスの中か大を使います。
ステンレスのは持っていません。
[PR]
by yonetani100 | 2005-09-01 14:25 | 調理器具
調理器具:ニューマジカルユミック18cm片手鍋
c0004484_1358641.jpgc0004484_13575887.jpg4月に購入して以来、ご飯はこれで炊いてます。3カップ(=3.3合)炊くことが多いです。
それまではやはり18cmステンレス片手鍋で炊いてましたがそれはペナペナの安ーいやつでした。一度、ご飯炊き用にと思って買ったル・クルーゼココットロンド20cmはふきこぼれるし重くて扱いにくいので毎日のご飯炊きに使うのは断念。
で、その後、以下のポイントをクリアする飯炊き鍋はないものかとあれこれ検討しました。
・ふきこぼれないこと(コンロの掃除がたいへーん)
・あつかいやすいこと
・収納場所をとりすぎないこと
・ご飯炊き以外にも使えること
美味しく炊けるご飯炊き用の土鍋とか、いわゆる文化鍋も考えましたが、場所とるし、ご飯炊き専用なので×。
結果いきついたのがふちがもちあがったタイプのステンレス鍋。
この部分があることによってふきこぼれず、かつウォーターシール効果といって
ふっとうしてきた水分によって鍋とフタが密着しちょっとした圧力がかかってご飯はおいしく炊けるのです。このタイプの鍋ではビタクラフト様が有名ですが、値引き店で買っても片手鍋で軽く2万円とかするので手が出ず、このニューマジカルユミックにしました。
結果万々歳で、ふきこぼれないし、前の鍋よりおいしく炊けるし、いろいろなものをゆでたりもできるし、手入れも簡単ですごく重宝しています。
ゆいいつ難点というかナゾなのが、この名前。どんなスペシャルな鍋だとしてもマジカルは言いすぎでは。あとユミックってなんだろ?鍋社長の妻or娘の名前がユミとか?
==
<ご飯の炊き方>
米を洗って鍋に入れふつうの水加減にして吸水させておく。
沸騰するまで強火。
沸騰したら弱火で14-15分。
一度ガっと5秒強火にして火をとめ10分蒸らしたらできあがり。
しゃもじでまぜて。
炊き始めてから炊けるまで約30分。
[PR]
by yonetani100 | 2005-07-14 14:31 | 調理器具
調理器具:bodumのプラスチックボウル
c0004484_14301897.jpgc0004484_14303853.jpg

一番使用頻度が高いボウルがこのプラスチックのボウル。
大1個、中4個、小4個、色は半透明の白とベージュのとをまぜて持っています。
取っ手とかでっぱりとか溝とか一切なくいつるんとしたシンプルな形は、つみかさねたときのコンパクトさ(左の写真は9個重なってて、あ、でもこれはあえて無造作に重ねてるのでバラバラに見えますが、きっちり美しく重ねられます)と、衛生面で優れています。
これを買うまでは全て耐熱強化ガラスのボウルだけを使っていて、プラスチックだなんてーと思ってましたが、これを買ってからは、軽くて扱いやすいので、加熱したりミキサー使う時とか以外はこれを使うことが多くなりました。
ボダム(bodum)はデンマークのキッチングッズメーカー?(でもなぜかボウルは made in swiss)
職場近くのラ・フェンテ代官山にショップがあります。
ここのグッズ、全般的に好きかというとそうでもないのですが、(だってゴツくてがっしりしすぎたのがおおい。デンマークのキッチンは広大?!)
このボウルをはじめ、もう、これじゃなきゃ!というグッズがいくつか、あります。
職場の公共マグカップ、また私が自宅で愛用してるマグカップはここの巨マグです。
ガブガブたくさんのむのにぴったりです。
======
あ、ネットショップで売ってるとこ発見し、サイズが分かりました。
大:2.0リットル、φ255×H100mm
中:0.5リットル、φ170×H65mm
小:0.2リットル、φ125×H50mm
大ボウル
中ボウル
小ボウル
[PR]
by yonetani100 | 2005-07-13 14:46 | 調理器具
調理器具:ル・クルーゼの鍋
c0004484_1423312.jpg・ココットロンド 白 20cm
・ココットオーバル 白 27cm


ル・クルーゼの鍋にあこがれ続けること7年の後、一昨年の誕生日に自分にほうび!と購入の決意をしたら、母が出資してくれるとのことで、わーいとプレゼントしてもらいました。
長年購入に踏み切れなかった理由は、その高額さと重さももさることながら色、形、サイズのバリエーションがあまりにありすぎて、いったいどれを買ったらいいのか永遠に迷いに迷って決めきれないというのが最大の理由でした。
ほしいなあと思い始めた今から10年近く前のある日、あまり親しくなくまた料理とかしそうにもない人の家に遊びに行ったら、そこの家の壁という壁にル・クルーゼのありとあらゆる色、形、サイズの鍋がディスプレイされていて、うらやましさでクラクラした、
…という夢を見たくらいです。
一昨年、価格が上がるらしいというのをきっかけに、購入を決めた後、ネットでル・クルーゼ情報をひととおり調べたあと、新宿高島屋のキッチングッズ売り場に行きました。
ここは、国内正規商品のル・クルーゼの鍋が全色、全形、全サイズならんでいるので吟味するのに最適です。
そこで延々1時間くらい迷ったあげくに決めたのが上記2つ。
実際、購入したのはネットショップで割安に。
手に入れてからしばらくは、真っ白な神々しさと、重さゆえの扱いにくさで、おそるおそる使ってましたが、今ではこの鍋の「鍋力」を讃えながら、日々ガンガンつかっています。
いわゆる水無し煮みたいなことができるので、素材から出たうまみがいったんは少ない煮汁にとけこむのですが、それが全て素材にもどっていく感じです。
すごいなあル・クルーゼ。
ロンド(まんまるのほう)は、ごはん炊き用に買ったのですが、3カップ(一番よく炊く量)炊くとふきこぼれまくるので断念して両方とも主に煮物用として活躍中です。

これを買って唯一ちょっと悲しいことは、私は、あんまり行儀のよいことではないですが煮物の余りを煮汁ごと(たまに卵入れたりして)ごはんにかけて食べるネコまんま的なものが大好きなのですが、ル・クルーゼで水分少なめの
煮物をするようになってからは、煮汁が発生しないためネコまんまが汁無しになってしまうことです。

↓オススメ本
「ル・クルーゼ」で、おいしい和食―お鍋で毎日のごはんをつくろう

[PR]
by yonetani100 | 2005-06-20 14:35 | 調理器具



ごはん日記。会社勤めですが料理好きが高じて一時期は社内お弁当やさんをしていました。一人暮らしの自分ごはん、お酒に合う料理、ワイワイ宴会ごはん。ときどきケータリングのまねごとをすることも。
by yonetani100
カテゴリ
全体
パーティー料理
和ごはん
洋ごはん
中ごはん
?ごはん
調味料・食材
調理器具
ごはん話
レシピ
その他
外ごはん
あまいもの
お酒
お茶
イベント
タグ
(10)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク

鹿野カシコ
↑回文つくってます
「やさい暮らし」
↑ヨネレシピのってます
COOKPADヨネレシピ
↑ヨネレシピ10点ほど
ツジメシ
↑料理互助同盟締結先
ヨネごはんBBS(~04/12/13)


お気に入りブログ
迷わず並べよ 食べればわ...
chihosh blog
みやもと山の文ちゃんです
こなみのおいしいキッチン
para sempre
Ex Spain Foo...
甘塩酸苦 + 旨
chululu's note
プランタゴな毎日 pla...
鹿 野 カ シ コ
裏番茶の独り言
とある やおやの おべん...
Gofukumachi ...
検索
以前の記事
2014年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧